女性冷え症の原因

冬になると、寒さが増えてくると、冷え症に悩んでいる人が多いようです。では、冷え症はなんの事でしょうか?

冷え症は、手足の先に行く細い血管の血行が悪くなり、手足や体の表面の温度が下がって冷たく感じる状態です。女性の場合は、食生活や生理の影響で貧血気味の人が多いことと、女性ホルモンの乱れから自律神経がバランスを崩しやすいことから、冷えが起きやすいと考えられています。

女性が冷えやすい原因は、大きく二つ原因となります。

一つは男女の体の作りが違うのです。

女性のカラダが作り出す熱の4割は、筋肉によってもたらされます。筋肉が動くことで熱がつくられて、カラダが温まるわけです。ところが女性はもともと男性より筋肉が少ない上、筋肉がつきにくい構造になっています。そのため熱をつくり出す力が弱く、冷えやすいと言えます。女性の方が冷えやすい構造になっているため。男性より体作りが必要です。

さらにダイエットで食事の量を極端に減らしたり、野菜ばかりとったりするなど、摂取エネルギーを極端に制限する女性も少なくありません。過度なダイエットをすると、栄養不足になり、もともと少ない筋肉がさらに減って、熱をつくり出す能力がさらに落ちてしまいます。

一つは女性が月経・子宮・卵巣があるのです。

女性の身体構造から見て、特有のはたらきがあります。月経のときに熱を運ぶ血液が多量に奪われるため、冷えやすいのです。また、女性のおなかには男性にはない子宮や卵巣などの臓器や器官が存在していますので、腹部の血流が悪くなって、熱が運ばれにくく、冷えやすくなります。
以上により、女性冷え症になる原因は少しでも分かるでしょう。女性のみなさんが特に冷え症があるかたが必ず保温措置をちゃんとしましょう。媚薬は女性の冷え症を解消できます。